ロゴ
HOME>口コミ>ゲームデザイナーを目指す時の心得【必要な技能をリサーチ】

ゲームデザイナーを目指す時の心得【必要な技能をリサーチ】

ゲーム機

憧れのゲームデザイナーになるためには、様々な知識や技能を身につける必要があります。特にプログラミング言語やCG技術の習得は欠かせません。独学でカバーできない部分は専門学校に通って学ぶのが効率的です。

みんなの声

プログラミング言語を学んでゲームプログラマーを目指しています【10代/男性】

子どものころから遊んでいたゲームに関する仕事に就きたいとずっと考えていました。ゲームが大好きなので好きなことを仕事にできたらどんなに楽しいだろう、やりがいを感じることができるだろうと思いました。そこでまずゲームデザイナーになるにはどんなことを勉強しておいたほうがよいのか、ということを調べてみました。専門学校に進学する前から独学でも勉強できそうなことには制限があると考えていましたが、実際にはできることはたくさんありました。その中の1つにプログラミング言語の習得がありました。パソコンも普段から使っているので、意外と理解をすることができたので良かったです。専門的なことをしっかり勉強して夢を現実にしたいです。

ゲームのグラフィック担当になるためCG技術を学んでいます【20代/女性】

ゲームを作るという仕事に魅力を感じていました。元々CGを作るという仕事にも憧れていたので、チャンスがあれば一生続けることができる仕事にしたいと考えていました。ゲームデザイナーになるにはどういう知識があるといいのか、今はインターネットでも簡単に調べることができるようになっているので、便利です。ゲームに関する仕事の中でもグラフィック担当になりたいと強く考えるようになったので、CGに関する技術を習得するべく学校に通っています。独学でもある程度勉強をすることができましたが、それだけでは不十分だと感じることが多かったです。専門性の高い学校で勉強しているので、驚くようなテクニックも習得をすることができるようになりました。

広告募集中