ロゴ

ゲームデザイナーとは

ゲームにはさまざまなキャラクターやアイテムだけでなく、背景などゲームに登場する全てのものをデザインするのが、ゲームデザイナーの仕事になります。デザインを通じて、ゲームの世界観やストーリーを表現するだけでなく、ゲームのシステムを決める要素になるなど、果たす役割は大きいのです。

グラフィックデザイナーとゲームデザイナーの違い

主にウェブサイトに掲載するものをデザイン

パンフレットや広告、印刷媒体などをウェブサイトに掲載することがありますが、そのデザインを担っているのがグラフィックデザイナーになります。グラフィックデザイナーは、主に広告代理店、広告制作会社、デザイン事務所にて勤務しているケースがほとんどです。

ゲームに登場するものや人をデザイン

ゲームデザイナーは、ゲームに登場してくる主人公やそれを取り巻くキャラクター、背景、登場するアイテムなどをゲームに出てくるもの全てをデザインする仕事になります。ゲームのストーリーや世界観をデザインで表現する役割も求められます。

ゲームデザイナーになるには

ゲームデザイナーになるには、ゲーム制作会社に就職することです。就職前に専門的な知識を持っていなくても、入社後に勉強を重ねてゲームデザイナーになることもできるでしょう。しかし、社会に出る前にきちんと専門的な知識やスキルを身に付けておいたほうが、就職時にも有利に働きますし、ゲームデザイナーの仕事を任せてもらえる確率も高くなります。

持っていると就職で有利になる資格ベスト3

男女
no.1

CGクリエイター検定

ゲームデザイナーは2D、3Dを扱うことがありますので、この資格を取得しておくと、就職時に有利に働くことがあります。CGクリエイター試験では2DCGから3DCGまで幅広く、知識とスキルを問われますので、キャラクターデザインなどをデザインするときに役立つ知識を身に付けられるでしょう。

no.2

Illustratorクリエイター能力認定試験

ゲームデザイナーは、IllustratorやPhotoshopといったペイントソフト、画像編集ソフトを使用しながらゲームデザインを行っていくことが多いです。そのため、Illustratorクリエイター能力認定試験の資格を取得しておくと、基礎から実務の作成まで検定で学べますので、実務で役立つことが多々出てくるでしょう。

no.3

基本情報処理技術者試験

コンピュータシステムやアルゴリズム、セキュリティITといった知識全般について問われる試験になります。ゲームを作る流れにおいて、プログラマやディレクターとのかかわりも多くなりますので、情報処理に関連する知識を身に付けておくと、話し合いや作業がスムーズに進みやすくなります。

ゲームデザイナーになるには専門学校選びが大事となる

男性たち

自分に合った専門学校を探そう

ゲームデザイナーになるためには、専門学校などで知識やスキルを習得し、ゲーム関連会社に就職するという方法もあります。専門学校では、実践で役立つ知識やスキルについてじっくりと学べるカリキュラムを用意してくれています。専門学校によってカリキュラムの内容、学費、取得できる資格や就職支援の有無などが変わってきます。どんなゲームデザイナーになりたいのかを明確にし、その目的をかなえてくれそうな学校を選ぶといいでしょう。

広告募集中